Uohi ni nobori kagayohite

From RemyWiki
Jump to navigation Jump to search

魚氷に上り 耀よひて

Song Information

魚氷に上り 耀よひて's jacket.

Artist: あさき
Composition/Arrangement/Lyrics/Vocals: Asaki
BPM: 106
Length: 1:53
Movie: ?
Jacket design: amamo
First Music Game Appearance: REFLEC BEAT limelight
Other Music Game Appearances:

Lyrics

Game Size

Japanese

嵶やかに泳ぐ
あさひに焦がれ

あまりにも深く
いとましき

その口より曰く 虹を吹いては

「昇るものよ 沈むものよ これが現実だ!」

と還り散る

欲しいままに生貪る
緋色の珊瑚礁
そそり歌をのせて 狭霧
深く遠く鳴り

ああ 誰か光をくれ
さまよう 人
そぞろ泳ぐ

手を取り合い 泡と詠み
明日をつなぐ輪をくぐって

あまひに舞ふ赤い雲に問ふ

「一天の深きよ」

応えはない

泣き響むか 浮き沈むか

もうわかっているのだろう
もう気がついているのだろう

そうだ
もう光はこない
永遠に

Romaji

taoyaka ni oyogu
asahi ni kogare

amari ni mo fukaku
itomashiki

sono kuchi yori iwaku niji wo fuite wa

"noboru mono yo shizumumono yo kore ga genjitsu da!"

to kaeri chiru

hoshii mama ni sei musaboru
hiiro no sangoshou
sosori uta wo nosete sagiri
fukaku tooku nari

aa dareka hikari wo kure
samayou hito
sozoro oyogu

te wo toriai awa to nagami
asu wo tsunagu wa wo kugutte

amahi ni mafu akai kumo ni tofu

"itten no fukaku yo"

naki doyomu ka ukishizumu ka

souda
mou hikari hakonai
eien ni

Long Version

Japanese


とても重くて

重くて暗い

泥の海のお話




嵶やかに泳ぐ
あさひに焦がれ

あまりにも深く
いとましき

ざわめき
あたもろとも
波にさらわれ

笑うものよ
悼むものよ
皆等しく
ひいわりと

断崖に沿って
だんぶと落ちて
珠に似た飛沫
かこちをり

その口より曰く
虹を吹いては

「昇るものよ 沈むものよ これが現実だ!」

と

還り散る

なんと つらいことだ
あまりにも つらいことだ

欲しいままに生貪る
緋色の珊瑚礁
そそり歌をのせて 侠霧
深く遠く鳴り

ああ 誰か光をくれ

彷徨うひと そぞろ泳ぐ
手を取り合い 泡と詠み
明日をつなぐ輪をくぐって

あまひに舞う 赤い雲に問う

一天の深きよ!

応えはない

泣き響むか 浮き沈むか

もうわかっているのだろう
もう気がついているのだろう

そうだ ここに光は来ない
永遠に だ

光は幻想だ

まやかしだ

なんと 馬鹿馬鹿しいことだ

夢を見てはいけない
夢を見るのは愚か者だ

ひとりで泳いでいけ
たったひとりで泳いでいくのだ
そしてひとりで果てるのがよい

ああ ささくれては
行に偲び
地を削り流れを変える

が

そうだ
その通り
結局のところ

ここに在らず
そこに在らず
故に
道もなく

くるしい
くるしくない
許せない
許してやろう
くるしい
くるしくはない
たすけてほしい
たすけてやろう
ここは寒い
ここは熱い
地獄だ
そうだここは天国だ

孤独だ

くるしい
くるしいな
助けてくれ
助けてやるよ
憎い
憎いかな
愛している
愛してはいない

つかれたか
そうか

ふと見上げると
水面が割れていた
その割れ目から
真っ白な いや 琥珀色の
泥のようなものが降ってくる
おそろしいことだ
これは 大変に 本当に おそろしいことだ

尻の穴を見せあっている醜い魚たちが
「我こそが我こそが」
とつぶやいている
早口で
早口で!
早口で早口で早口で!

は や く ち で!

喘ぎながら生貪る
白い珊瑚礁
息ができぬと任せては
深く深く 慰め合い
ああ 姦しく鳴り
跡形もなく

溶けて

波にさらわれ

この素晴らしい世界を隅々まで
あますところなく巡った後

また

堂々巡り

未来永劫

同じことの繰り返し

ひとりで泳ぐ
そびらに春を
旭を浴びて
泡に消える

そんな夢

なあ
いやになっちゃうよ
毎日毎日いやになっちゃうよ

彷徨うひと 先に昇る
信じたもの 愛したひと
碧落にあるべくとして

昇る ひと
それに続き
また 昇る ひと

千は百になり
百は十になり
十は一になり
一が積もり千となる

是まさに 堂々巡り

あぶれ厭ふ 深海と紛う
波折りの深さよ

深くて 暗い 泥の海の おはなし

天井はない
そして 底もない

故に

光差す道理など無く

ああ
並み居ている
見ろ あの長雨を

深海で降り続く琥珀色の
日陰にも似た彼の雨を

遍し日よ
光をくれ 誰か

曰く
「幼い頃 子守唄に 母が歌ってくれた歌があって
かわいらしい 迷い子の歌なのだけれど
今は 自分で 自分のために歌ってる」

毎日毎日 業火で焼かれていやになっちゃうよ

眺め遣る 迷い子
泡沫の消えては生る

思い出
もう今は思い出

昔の思い出
大切な思い出

―後日談―


足元が燃えている
熱くて 痛い 熱くて 息が出来ない

どうしようもない

空が凍っている
寒くて 痛い 寒くて 息が出来ない

どうしようもない

誰もが どうしようも! ない!
と ただ泣いている

ここは地獄だ
ここは天国だ
ここは天国さ
ここは地獄さ

信じたものの 虹の先には何もなく
振り返っても何もない

それでも

今日も明日も明後日も
来週も来月も来年も
十年先も
そして

尽きた その後も
ひとはきっと

泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで

嵶やかに

                          わらえる

Japanese (Unofficial)


もしほへとなん概要
変えこるごるもたながなら
やってみねる

嵶やかに泳ぐ
あさひに焦がれ

あまりにも深く
いとましき

ざわめき
あたもろとも
波にさらわれ

そうだ

「笑うものよ 悼むものよ 皆等しく」

ひいわりと

断崖に沿って
だんぶと落ちて
珠に似た飛沫
かこちをり

「死ね 切る あああああ」

その口より曰く
虹を吹いては

「昇るものよ 沈むものよ これが現実だ!」

と

還り散る

欲しいままに生貪る
緋色の珊瑚礁
そそり歌をのせて 狭霧
深く遠く鳴り

ああ 誰か光をくれ

さまよう 人 そぞろ泳ぐ
手を取り合い 泡と詠み
明日をつなぐ輪をくぐって

あまひに舞ふ 赤い雲に問ふ

歌をのた線で
一天の深きよ

泣き響むか 浮き沈むか

そうだ もう光は来ない
永遠に  

ああ ささくれては
行き偲び
地を削り流れを変える

ここに在らず
そこに在らず
故に
道もなく

ここは寒い
ここは熱い

くるしいる
くるしくはない

はぁ

ふと見上げると
水面が割れていた
その割れ目から
真っ白な いや 琥珀色の
ここは悪ような君ものが降っくる

おそろこらしいことだまう
これは 今日 雄をそ 生きる 大変け昏々くれさ

憂いうへがんない
上はまずに帰り 尻けう淘汰まさに
「我こそが我こそが」
とつぶやいている
いる喘ぎながら 挙は柄

早口で
早口で!
早口で早口で早口で!

は や く ち !
わ! わ! わ! は や く ち で!


欲しいままに生貪る
白い珊瑚礁
息ができぬと任せては
深く深く 慰め合い
ああ 姦しく鳴り
跡形もなく

ひとりで泳ぐ
そびらに春を
旭を浴びて
泡に消える

彷徨うひと 先に昇る
信じたもの 愛したひと
碧落もあるべくとして

あぶれ厭ふ 深海と紛う
波折りの深さよ

天井はない
ああ 底もない

故に 光差す道理など無く

ああ
並み居ている あの長雨を

深海で降り続く琥珀色の
日陰にも似た彼の雨を

遍し日よ

曰く
「幼い頃 子守唄に 母が歌ってくれた歌が」

眺め遣る 泡沫の消えては生る

くるしい
くるしくない
助けてくれ
助けてやるよ
憎い
寒い
憎いかな
寒い
愛してる
愛してはいない
助けてくれ


地獄だ



―後日談―

信じたものの 先には何もなく
振り返っても何もない

それでも

泳いで 泳いで 泳いで


ここは地獄だ
ここは天国だ
ここは天国さ
ここは地獄さ


ここが地獄だ

足元が燃えている
熱くて 痛い 熱くて 息が出来ない

ううーん どうしようもない

空が凍っている
寒くて 痛い 寒くて 息が出来ない

ああ〜 ああ〜ん! どうしようもない

誰もが どうしようも! ない!
と ただ泣いくている ない!

泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで

切る嵶やかお切る嵶やかお切る嵶やかお
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで

嵶やかに

助けてくれ
                          わらえる

Song Connections / Remixes

  • A long version of 魚氷に上り 耀よひて appears on Asaki's second album, 天庭.
  • A re-arranged version of 魚氷に上り 耀よひて, containing violins and louder guitar and drums, appears in GITADORA OverDrive and the GITADORA OverDrive Original Soundtracks album.

Trivia

This song has different backgrounds, banners, jackets, or other related images. For more information, please see this page.
  • 魚氷に上り 耀よひて is unlocked in REFLEC BEAT limelight by reaching the final part of Glass Stage 7-2.
  • In the BEMANI Backstage episode 35, Asaki (jokingly) claimed that 魚氷に上り 耀よひて's title is read as ニコニコサンフラワーキッス ("nikoniko sunflower kiss").
  • In REFLEC BEAT +, 魚氷に上り 耀よひて's title and artist were changed to uo hi ni nobori kagayoite and asaki respectively.
  • 魚氷に上り 耀よひて is one of the unlockable crossover songs for GITADORA OverDrive on the 発見!よみがえったBEMANI遺跡 event.
  • 魚氷に上り 耀よひて received RENEWAL charts in REFLEC BEAT VOLZZA 2, which could be unlocked from April 28th, 2016.
  • With 192 Objects, 魚氷に上り 耀よひて (RENEWAL)'s MEDIUM chart has the lowest notecount of any pre-悠久のリフレシア REFLEC BEAT chart rated Level 7.
  • After being removed from the initial release of REFLEC BEAT 悠久のリフレシア, 魚氷に上り 耀よひて was revived on March 1st, 2018.

Song Production Information

None.

Video Production Information

None.

Difficulty & Notecounts

GF/DM XG and GITADORA difficulty rated from 0.00 to 9.99.
REFLEC BEAT to groovin'!! Upper difficulty rated from 1 to 10+, 1 to 13 in VOLZZA/VOLZZA 2, and 1 to 15 in 悠久のリフレシア. (Ratings and notecounts obtained from REFLEC BEAT @wiki.)

GuitarFreaks & DrumMania

XG & GITADORA Series

Game Drum Guitar Bass
Basic Advanced Extreme Master Basic Advanced Extreme Master Basic Advanced Extreme Master
Notecounts 235 464 941 - 216 359 393 - 263 474 474 -
GITADORA OverDrive→Tri-Boost 2.40 5.20 7.80 - 2.90 5.70 7.50 - 3.00 5.60 7.35 -
GITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE ↓1.95 ↓4.40 ↑7.85 - ↓2.35 ↓5.15 ↓7.20 - ↑3.25 ↓4.90 ↓6.75 -
GITADORA Matixx ↓1.60 4.40 ↑8.05 - ↑2.55 ↑5.55 ↑7.50 - ↑3.30 ↑5.25 ↑7.10 -
GITADORA EXCHAIN→Present ↑1.90 ↓4.25 ↑8.25 - ↓2.40 ↓5.50 ↑7.80 - ↓3.25 ↓5.00 ↑7.35 -

REFLEC BEAT

Old Charts

Game Level
Basic Medium Hard Special
Notecounts 170 251 422 -
REFLEC BEAT limelight→VOLZZA 2 4 6 9 -
REFLEC BEAT plus 4 6 9 -
REFLEC BEAT + 4 6 9 -


RENEWAL Charts

Game Level
Basic Medium Hard Special
Notecounts 120 192 419 617
REFLEC BEAT VOLZZA 2 4 7 9 11


New Charts

Game Level
Basic Medium Hard White
Hard
Notecounts 250 350 711 926
REFLEC BEAT 悠久のリフレシア 6 9 11 13


発見!よみがえったBEMANI遺跡
Statue's Awakening Cleopatrysm - KHAMEN BREAK - 御千手メディテーション
Pyramid Building beatmania IIDX: KAISER PHOENIX - SCHWARZSCHILD FIELD - 海神
DanceDanceRevolution: Adularia - Follow Tomorrow - FUJIMORI -祭- FESTIVAL - JOMANDA - Nostalgia Is Lost - 嘆きの樹
GuitarFreaks & DrumMania: HYDRA - rage against usual - Re:GENERATION - 水鏡 - ポップミュージック論
魚氷に上り 耀よひて
jubeat: passionate fate - Resurrection - 猫侍の逆襲 - ポチコの幸せな日常
pop'n music: 532nm - Element of SPADA - 龍と少女とデコヒーレンス - つぼみ - 海神
REFLEC BEAT: Stand Alone Beat Masta - 情操ディストピア - 見習い天使と星降りの丘 - 旋律のドグマ~Misérables~